2017年衆議院選挙の期日前投票はいつからいつまで?日程や場所まとめ!

9月25日の安倍首相の記者会見では、28日に衆議院解散後、10月10日の衆院選公示、22日投票開始が宣言されました。

今回は小池知事率いる新党”希望の党”の躍進があるのか?というところでいつもより注目されている衆議院解散選挙ですが、当日に投票ができない人にとって、”期日前投票ができるのはいつからいつまで?”か気になる人も多いのではないでしょうか?

今回の衆院選の、

  • 2017年衆議院選挙の日程は?
  • 2017年衆議院選挙の期日前投票はいつからいつまでか?
  • 衆院選の投票ができる場所はどこか?
  • 選挙の結果はどのように予想されている?

このあたりをまとめましたので、期日前投票に行こうと考えている場合は参考にしてみてください。

2017年衆議院解散総選挙の期日前投票はいつからいつまで?日程や場所まとめ!結果予想も

2017年衆議院解散総選挙の日程や、期日前投票の仕組みや、投票いつからいつまで可能なのか?という部分についてまとめました。

また期日前投票が行われる場所や、今回の選挙結果の予想なども調べてみました。

2017年衆議院解散総選挙の日程は?

今回の解散総選挙は、”第48回衆議院議員総選挙”です。

9月28日に行われた衆議院の解散を受けて行われる選挙で、通常の投票日の日程は以下の通りです。

2017年10月10日(水)公示日
2017年10月22日(日)投開票日

 
投票ができる場所は、自宅に送られてくるはがきに記載されていますので、地域ごとに指定の場所へ投票に行きましょう。

多くの場合近くの小学校などで行われます。選挙に出かける時はそのはがきを持って投票所に行きましょう。

2017年衆議院解散総選挙の期日前投票はいつからいつまで?期日前投票ができる場所は?

 

期日前投票は、投票日の当日に投票へ行けない方のために、前もって投票ができる制度です。

仕事がある人や体調に不安がある人はもちろん、遊びに行く予定があるという場合でも期日前投票は可能です。

手続きも特に必要がなく投票日当日と同じように投票が可能です。

2017年衆議院選挙の期日前投票日程は、総務省のHPによれば、

投票期間:選挙期日の公示日または告示日の翌日から選挙期日の前日までの間です。
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo05.html#chapter1 総務省公式HPより引用

なので、今回の”第48回衆議院議員総選挙”の期日前投票ができる期間は、

期日前投票期間:2017年10月11日~2017年10月21日まで

ということになりますね。

期間中は土日、祝日も投票可能です!

投票時間は午前8時30分~午後8時までということになっていますが、投票所ごとに時間が異なる場合がありますので、はがきやインターネットで確認しましょう!

ちなみに私の地域での期日前投票はどこでできるのか?と疑問に思ったので調べたところ、

『〇〇市(住んでいる市) 衆院選 期日前投票 場所』

で、検索をかけたらすぐに出てきましたので、このように検索をかければ大丈夫そうですね。
 
 
また、区がある地域では住んでいる区の区役所でできることが多いようです!

地域ごとに異なるので、↑のように検索してみてください!

スポンサーリンク

2017年衆議院選挙の議席結果予想や注目点は?

 
今回の衆院選で注目されているのは、小池知事が打ち立てた新党、”希望の党”がどう躍進するのか?という部分ですよね。

前回の衆院選の前哨戦と言われていた都議選は、小池さん率いる都民ファーストが大きく議席を伸ばしました。

今回の衆院選はその小池さん率いる新党、希望の党がその勢いのまま議席を多く獲得するのではないか?という予想がちらほらでていますね。
 
民進党が事実上の解党、希望の党と合流する。といったニュースもありましたが、前回の都議選では議席を減らした与党である自民党にとって大きな脅威になるのではないでしょうか。

加計学園、森友学園の問題で支持率が落ちていたところで今回の解散総選挙ですので、希望の党に票が大きく流れる可能性もありそうです。

政権交代するまではいかないと思いますが、メディアが連日取り上げている小池さん効果は今回の選挙ではかなり効いてきそうですね。

 28日朝の毎日新聞によると、「現時点での衆院選比例代表の投票先」を聞いた世論調査で自民党29%、希望の党18%、民進党8%、公明党5%、共産党5%、日本維新の党3%という結果が出ている。

引用 https://abematimes.com/posts/3013430

というデータもあります。

小池さんは今回都議選での勢いをそのままに、自民の過半数割れ、つまり80~90議席を狙っているのではないかと思います。

個人的には、そこまで躍進できるのか?ちょっとイメージができません。ここ最近の自民党の不祥事はひどいものがありましたが、最も大きかった野党の民進さえも対抗馬となる選挙に強い議員が今は本当に少ないですよね。

選挙はなんだかんだ自民党が議席を持っていってしまうイメージです。

相変わらず、応援したいと思える政党がない…!という声も多いですが、

そういった意味でそのまま自民が勝ちという結果になるかもしれませんね!

また、政治の事、選挙の事がよくわからない!という人に向けて、超わかりやすく政治・選挙をまとめた書籍があります。

政治、選挙、北朝鮮問題、消費税、オリンピック問題などを考える上で下地となる知識を簡単に理解できますよ。

池上さんらしい簡単な説明で書いてあり何歳でも読めますのでかなりおすすめです!

【政治のことよくわからないまま社会人になった人へ第3版 ひとめでわかる図解入り】 池上彰さん著 

(クリックで詳細&値段を確認できます!)

 

最もわかりやすい政治についての初歩的な書籍です!これを期に選挙についてもう少し勉強したい!という方にはおすすめです!

まとめ

  • 2017年衆院選の日程は10月10日(水)公示日、10月22日(日)投開票日
  • 期日前投票期間:2017年10月11日~2017年10月21日まで
  • 場所ははがきをチェック、もしくは、ネットで検索しましょう!
  • 2017年衆院選は”希望の党”の躍進はあるのか?が注目されている選挙

ということでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です