首絞めした京都府立医科大付属病院医師の名前は?勤務表から特定か

 
今日の朝のニュースで京都府立医科大付属病院の医師が、昨晩飲食店で従業員の女性の首を絞めたという事件を知りました。

医師が人の首を絞めるなんて目を疑うようなニュースですが、どうやら名前が公表されておらず、ネット上では「名前を出せ」「34歳でなんで名前が出ていないのか?」という声が多くありました。

そんな中で今回の京都府立医科大付属病院の医師(34)の情報を探していたら、この人ではないか?という人物が現れたので情報をまとめていきます。

 


 

首絞め医師の名前は?

 
今回病院のサイトや勤務表から首絞めを行った医師の見てみたのですが、そこからは特定することができず、ネット上の情報を頼ることにしました。

そこである一人の人物の名前が浮上し、さらに勤務表にも名前がのっていたので、この人ではないか?ということを予想しました。

 

首絞めの医師は中河秀生

 
どうやらすでに名前が公表されているらしく、今回の犯人は学会認定専門医の資格もあり、外来診療担当医師の中河秀生さんだそうです。

中河さんは容疑を認めていて、調べによると京都府立医科大付属病院にすでに5年ほど勤務しているようですね。

 
また家族もいるようです。

 
奥さんとお子さんがいるにも関わらず今回のような事件を起こしてしまったということで、周りからは家族単位で世間から厳しい目で見られる可能性がありまそうです。

 
どうやら当時はお酒に酔っていたらしく、仕事でのストレスが溜まっていたのではないか?という声もネット上では多くありました。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 
今回一報では名前が伏せられていましたが、午後のニュース記事などでは名前がきちんと公開されたようですね。

医師と言う立場でありながら、人の命を奪うような行為をやってしまったということで、世間からのバッシングもかなり大きいです。

 
最近はお酒による事件が多いですが、記憶がなくなるまで飲むという行為は本当に人に迷惑をかけ、命さえも奪いかねないということをしっかり認識してもらいたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です