小栗香織の現在は舞台キャスティング業?年収や監督した作品まとめ!

 
1990年まで24年間に渡って続いた「11PM」という人気深夜ワイドショー番組でカバーガールを務めた”小栗香織”さんが、乳がんで闘病しているというニュースが去年有名になりました。

 
番組が終わってからも女優業やモデルをしていた小栗さんですが、現在は当時の経験を活かして舞台のキャスティングや映画監督もされているということをご存知ですか?

 
乳がんを発表した2016年から5~10年の闘病生活を余儀なくされている小栗さんですが、現在の体調はどうなっているのでしょうか?

現在されている舞台のキャスティング業の仕事について、また年収や監督した映画作品などのも気になったのでそちらも調べました。

スポンサーリンク

小栗香織の現在の仕事や年収と監督作品は?

 

 
闘病中の小栗さんですが、現在はどういう生活をしていて、キャスティング業ではどういった作品をプロデュースしていうのでしょうか?

年収や監督した作品についてもまとめていきます。
 

小栗香織の現在や仕事は?

 
11PMという現在40代ぐらいの方なら誰もが知っている深夜ワイドショーで有名になり、その後女優業やモデルとして活躍してきました。

筆者は20代なのでその番組の存在は知らなかったのですが、どうやらかなり人気があった番組らしいですね。

 
しかし小栗さんは2015年に検診で乳がんを発見し、5~10年の闘病をしなくてはならないと自ら語っています。韓国人である旦那さんと小学生の息子さんもいるようですね。

癌細胞の摘出をしたようですが、これからも数年様子見をしなければ行けない状況です。

 
実は母親が癌で亡くなった年に自分にも初期の乳がんが見つかったということで、他人では到底計り知れないほどのショックだったでしょうね。

 
 
しかし、そんな苦難の中でも、現在小栗さんは映画監督や部隊のキャスティングの仕事をしているのをご存知でしょうか?

  
最近だと2016年に「HONGANJI」という舞台のキャスティングを務めたことで有名ですね。

 


 
HONGANJIでは戦国時代の織田信長と本願寺の宿敵”顕如(けんにょ)”との闘いを描いた舞台になっています。

 
設定では平安時代に活躍した平将門の亡霊が戦国時代の信長に憑き動かして、宗教(心)で人々を統制する顕如と、武力で全国統一を目指す信長が戦うということになっています。

信長と顕如の戦いは歴史上実際に行われており、顕如は仏敵として信長を10年来苦しめた智略家ですが、両者の長い戦いの決着を描いた舞台だそうです。
 

 
陣内孝則さん(信長)、壮一帆さん(顕如)、諸星和己さん(雑賀孫一)、市川九団次さん(平将門)といった豪華なキャストを惜しみなく選んでいます。

また得意の韓国の方とのコネクションを活かして、MYNAMEのセヨンさん(下間仲世)らもキャスティングしています。

 
 
キャスティングはただ配役を選ぶだけでなく、予算などを考慮してその中で俳優を選んでいかないといけません。

キャスト人を見ても大物ばかりなので、そうとう大きな金額が払われているこの舞台でのキャスティングを任されるという事から、小栗さんのキャスティングへのまわりからの信頼は相当高いものだということが見えてきますね!

 
 
闘病生活の傍らでこのような大きな仕事もこなしている小栗さんですが、2017年5月12日の爆報THEフライデーにも出演するらしく、体調は今のところ万全ではないものの、回復の傾向にあるのではないか?と予想できます。

もちろん万全ではないと思いますが、そんな中でも仕事をこなしていく小栗さんの強さを感じますね。

 
 
また、小栗さんはこれまで映画監督もやってきたようですが、どのような作品があるのでしょうか?また、年収はどのくらいなのか調べてみました!

スポンサーリンク


 

小栗香織の年収や監督作品まとめ

 
小栗さんの年収は一体どれくらいなのでしょうか?

もちろんはっきりとした年収は公表しているわけもなくわかりませんが、舞台キャスティングの平均給与などを調べてみました。

 

ある求人サイトでは

30歳(経験8年)/年収500万円
40歳(経験18年)/年収900万円


と、こんな感じで書いてあり、40代で900万円とかなり給料が高くて驚きました。

  
小栗さんの場合は日本の中でもかなり大きい、しかも豪華なキャストが出る舞台をキャスティングされているそうなので、もしかしたらもっと高いかもしれませんね。

ただし年中仕事をしているかは不明なので、これより低いかもしれません。

 
実際に現場は多忙を極めるので、年収だけで仕事量に見合っているかはわかりませんが、かなり稼いでいそうですね!

 
 
小栗さんが監督した映画ですが、2001年に「秘書 Papillon’s Love」という作品を監督しているようです。

これは”とある企業で起きているセクハラの実態を探るべく美人女探偵は秘書となり企業に潜入する。R指定作品。”という説明にある通り、アダルト要素を含んでいる作品みたいです。
 

小栗香織さん自身も深夜のワイドショーやセルフヌード写真集を出しているという経緯もあり、アダルト向けの作品に精通していることから、監督する側の立場になってその経験を活かそうと思ったのかもしれませんね。

 
乳がんとの闘病などの大きな困難を乗り越えながら、大きな仕事もこなしていく小栗さんですが、多彩な才能を発揮する彼女にこれからの活躍も期待してしまいますね!

まとめ

いかがでしょうか?

小栗さんの現在の病気の状態や、家族関係の現状などを見てきましたが、とんでもない苦労をされているということが分かったと思います。

また、だいたいの年収や、仕事についてもキャスティング業で活躍されているということ、これまで監督した映画の作品もわかりました!
 

2017年5月12日の爆報!THEフライデーにも出演するので、そちらもチェックすることでより現在の小栗さんの状況がわかると思います。

気になる方はそちらをチェックしてみてくれればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です