鹿島港で釣り船が火事になった原因は?出火理由はエンジントラブルか

 
今朝ネットニュースを見ていたら、気になる話題がありました。

鹿島港沖で釣り人15人を乗せた釣り船で原因不明の出火があり、船内が大火事になり、全員が海に飛び込んだ末に、近くの漁船に救助されて助かったというニュースです。

 
誰もが気になる部分だと思うのですが、なぜこの船は火事になったのでしょうか?

 
釣り船ということでエンジンのトラブルではないか?という声がネット上では多く見受けられましたが、考えられる原因はそれだけでしょうか?

今回この出火の原因が気になったので、過去の船上での火事の例やエンジントラブル以外の出火の可能性について調べてみました。

スポンサーリンク

鹿島港で釣り船が火事になった原因は?

今回幸運にも船に乗っていた15人全員が助かったということで、多くの人が胸をなでおろしたと思いますが、そもそも火事の原因はなんなのでしょうか?

現在わかっている情報を拾ってまとめていき、船の出火の原因となる要因についても考えていきます。

原因はエンジントラブルか?

 
ニュース記事での報道では、「船のエンジン部分が特に燃えている。」ということが言われているので、やはりエンジントラブルが火事の主な原因と考えられています。

 
船の上で火を起こせるほどの熱量を最も持っているものは言うまでもなく”エンジン”です。

過去の船の出火の例を見ていると、どうやら整備不良による出火や、オイルが減っている状態での航行でエンジンが過熱してしまうことがあるようです。

 
また燃料漏れも一つの原因となります。
 

燃料が漏れているところに”金属スクラップ”という、金属同士がこすれて火花が散る現象により出火するというものです。

揺れの激しい船上ではごくたまにあるそうです。

 
船の上なら、海から水汲んで一生懸命消せば火事なんか防げるのでは・・・?と筆者は思っていましたが、燃料漏れとなるとやはり油なので海面に流れても燃え続けるようですね。

映画でもよく海面がまで火事になっているシーンがありますが、ああいうイメージですね…。

エンジントラブル以外に考えられる原因は?

 
エンジントラブル以外で火事を起こすものとして考えられる原因は、その他の火器ですね。

例えばたばこなどです。

たばこの吸い殻がくすぶっている状態で船の上に落ちたり、それに気づかない場合は火事になり得るでしょう。

たばこの火の不始末から燃料などに燃え移り、エンジンも爆発ということがありえます。

 
また朝ご飯を作るために小さいコンロなどを持参する人もいます。こういう火器の不始末から船に燃え移るということも考えられますね。

 
今回の出火の原因がこれらであるかはわかりませんが、海の上では、周り一面水だから火の扱いは多少雑でも大丈夫という気持ちが生まれるかもしれませんね。

スポンサーリンク

全員救助できた理由

 
今回の事故では、不幸中の幸いがかなり重なりました。

それが全員救助という結果を導いたわけですが、今回の件から一番学ぶべきことは”ライフジャケット”を絶対着用するということです。
 
 
これは幸運というよりも、釣り人の備えが良かったという事になりますが、着衣状態で陸から2~3kmの距離で海の上に落ちれば助かるのはかなり難しいです。

水泳が得意な人でも着衣状態で波がある海を3km泳ぐのはかなりしんどいはずです。

ですがライフジャケットがあれば沈むという事はなくなります。その間に助けが来るのを待てるのです。

 
そして、今回の最大の幸運は、近くの漁船が見つけてくれたことです。

まだこの時期は水温も低く、長い間海に浮かんでいると低体温症になるおそれもあります。

もし漁船が見つけてくれなければ、陸までの2~3kmを冷たい水の中、長時間泳がないといけません。

 
ただ、数分で凍えて動けなくなるほどの水温ではなかったことも今回の幸運要素のひとつです。冬の海なら数分で凍えて動けなくなりますからね。

 
また海の上で生き残るためには波の高さが低く、潮の流れが遅いことが絶対条件です。

漁師でさえ波の高い時や潮の流れが速い時に落ちれば命はありません。

海は時によって大きく表情が変わります。今回はそういった面でも幸運だったようです。
 
 
ライフジャケットの着用をしっかりしていたこと、そしていろんな幸運が重なったことで今回は全員救助となりましたが、本当に全員助かって良かったです。命があれば船や釣り具はまた買えますしね!

 
この事件から最も学ぶべき教訓はライフジャケットは絶対つけよう!ということですね。
 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回船の出火原因については色んな可能性を考えてみましたが、本当の原因はまだわかっていないようですね。

今のところエンジントラブルだろうということで話が進んでいますが、船の上の出火原因はエンジン以外にも意外とあるということがわかりました。

海の状態によって助かるかは大きく左右されるので、こういう事故が起きた時に生き残れるかは運も重要な要素になってきますが、船の上とはいえ火の扱いには注意して、船釣りに行く際には必ず自分の命を守ってくれるライフジャケットを着用するようにしたいですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です