2017名古屋の梅雨入りと梅雨明けはいつ?今年の時期とピークを予想!

 
また今年もじめじめでやっかいな梅雨がやってきますね。

洗濯物も乾かないわ、靴はびしょびしょになるわ、通勤通学の電車の中は気持ち悪いわで気分も沈んでしまいがちなこの季節ですが…
 

2017年名古屋の梅雨入りと梅雨明けの時期やピークはいつになるのでしょうか?

 
過去のデータから今年2017年名古屋の梅雨入りと梅雨明けの時期を予想してみましたのでまとめておきます。

早めにピークを知っておけば梅雨に備えて事前に部屋干しできない布団などの洗濯を済ませたり、雨具や防水グッズ、靴を買い揃えたりできるのでぜひ活用してくださいね。
 

スポンサーリンク

2017年名古屋の梅雨入り・明け時期の予想

梅雨入り・梅雨明けの時期を予想するために過去の東海地方の梅雨のデータを見てみました。

 
気象庁のデータを見ても「~ごろ」と書かれている事からわかるように、そもそも梅雨入りと梅雨明けは「今年はこの日から梅雨入りです!」って感じでビシッと決めるものではないらしいです。
 
気象庁自体も、
 
気象庁「今日からしばらく雨が続くなあ。昨日も降ったしなあ。そろそろ梅雨入り宣言したろ!」って感じで結構アバウトに決めてるそうです。笑
 
気象を完全に把握するなんて人の力ではできないのでそうなるのも頷けますが、毎年データを見ることでだいたいの時期はわかりますのでそちらを見ていきましょう!

 

2017年名古屋の梅雨入りと梅雨明けはいつ?

 
2017年名古屋(東海地方)の梅雨入り・明けは、
 
 
梅雨入り 5月28日~6月8日の間頃
梅雨明け 7月21日~28日の間頃

 
と予想できます。

 
真ん中の1か月間が梅雨のピークになりそうです

 
最近ではだいたいの年で梅雨入りが6月に入って1週間以内に始まっていますので、今年も名古屋はその辺りが梅雨入りだと思っていただければ大丈夫だと思います。

 
 
記録に残っている過去66年間の東海地方の平均梅雨入り日は、データによれば6月8日が平年並みで、梅雨明けに関しては平年7月21日となっています。
 
 
続けて過去5年間のデータを見ると、
 
梅雨入り

2012年 6月 8日ごろ
2013年 5月28日ごろ
2014年 6月 4日ごろ
2015年 6月 3日ごろ
2016年 6月 4日ごろ

 
梅雨明け

2012年 7月23日ごろ
2013年 7月 7日ごろ
2014年 7月21日ごろ
2015年 7月24日ごろ
2016年 7月28日ごろ

となっています。

   
近年では梅雨入りの時期が以前に比べて早くなってきていて、
 
梅雨の期間はだいたい1ヶ月半と言われますが、近年ではほぼ2か月ぐらい続くこともざらになってきました。
 

なので2017年名古屋では、平年より早めに梅雨入りして、平年より遅いか同じぐらいの梅雨明けが予想できます。

 
たまに1ヶ月ぐらいで終わってくれる時期もあるのですが、データを見ているとそういう年は近年ではかなり稀なようですね

 
個人的にはあの湿気が多くてあっつい梅雨は好きではないので、涼しいうちに早く来て「さっ!」と過ぎ去って欲しいですね。

ただ梅雨は水不足の解消なども期待できますし、悪い面だけが目立ちますが日本にとってはなくてはならない季節だということを考えると1,2か月の我慢も致し方ないとも思います。
 

スポンサーリンク

梅雨時期に活躍する便利グッズ

梅雨の時期に活躍する便利グッズも少しだけ紹介しておきます。
 

靴用の防水スプレー

 
靴屋に売ってる防水スプレーを革靴やスニーカーざっとにかけておくと、スプレーが水を弾いてくれて靴に水が全然染んでこなくなります。

雨の日が続くと靴を乾かしたり、ストックを用意したりと大変ですが、その手間とコストがかなり抑えられます。

梅雨の時期にある外でのイベントでも大活躍するので買っておいた方がいいです!
 

吸水タオル

 
水泳選手などが使っていることで有名な”吸水タオル”も梅雨シーズンにはかなり活躍します。

めちゃくちゃ水気を吸収してくれることに加えて、しぼると一瞬で乾くという優れモノです。

拭いた後に水気が全然残らないので、湿気の多い日でも衣服や手などをしっかりと乾かしてくれます。

さらに!びしょびしょになってしまった髪の毛もすぐに乾かしてくれます!

素早くスーツの肩のところやカバンを拭くのに便利ですよ。ちっちゃいので持ち運びも楽でかなりお勧めです。

 

まとめ

名古屋は梅雨の時期に熱田祭や港祭など、イベントがたくさんありますし、この時期は天気が非常に気になると思います。

降ったり止んだりの時期が続きますが、梅雨入りが予想される6月初旬頃までに防水グッズを揃えたり、遊びの計画を立てる時はできるだけ室内で楽しめる場所を選びたいですね。

大きな洗濯ものは5月の下旬に済ませてしまいましょう。

 
今回はあくまで予想ですので、今年に限って異常に早く始まって異常に早く去っていくなんてこともあるかもしれませんが、まあそれは誰にもわからないですね。笑
 
梅雨が過ぎれば楽しい楽しい夏がやってきますので、2017年の梅雨も頑張って乗り越えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です