パスタ用のおすすめトングと選び方は?使い方や盛り付け方のコツ!

 
あなたはパスタを調理するとき、菜箸(さいばし)を使っていますか?それともトングを使っていますか?

 
パスタ大好きな私は断然”トング派”です。

 
実はトングはパスタを作る際に箸ではできない美しい盛り付けや、おいしく仕上げるための”乳化”の工程をしやすくしてくれるなどメリットが豊富だからです。

 
本場イタリアではもちろんのこと、日本のイタリアンの厨房でもトングを使うところの方が多いぐらいパスタを作る際にはメジャーなアイテムなんです。

 

トングの種類と選び方!使い方と盛り付けのコツは?

 
今回パスタを作る際におすすめのトングの材質やトングを使った美味しい調理法と美しい盛り付け方のコツを紹介していきます!

調理にトングを使う事のメリットや、ご家庭で使う場合におすすめのトングの種類、そして使い方や盛り付け方までまとめていきます。

 

トングを使うことのメリット

 
トングを使ってパスタを作るときのメリットはたくさんあります。

  
まず、パスタをお湯からフライパンに移しやすくなります。

 
菜箸でパスタを掴もうとするとパスタがするするっと落ちていってしまい、湯からフライパンに移すのも一苦労です。
ざるを使うのもいいですが、ゆで汁を使用したいときなどは湯を取っておきたいですよね。

そんな時にトングならパスタをしっかりとたくさん掴んでくれるので、パスタだけを簡単にフライパンに移すことができます。

 
またフライパンに移した後にパスタをフライパンの上でぐるぐると混ぜたいときに、箸よりもトングの方が動かせるパスタの量が多く、混ぜやすいです。

 
これにより短時間でしっかりと油と水分が合わさってくれて”乳化”の工程がスムーズに上手にできます。

 
料理は手早く仕上げると一番おいしいタイミングを逃しにくいですよね?

手早く美味しく仕上げる!そういう面でもトングは非常に優れています。

 
そして私が思うパスタにトングを使う事の最大のメリットは、なんと言っても盛り付けが美しくなるということです!

 
トングはパスタをしっかりと持ち上げられるので、お店のようにきれいに器に盛りつけることができます。(盛り付け方は後ほど解説します!)

スポンサーリンク

おすすめのトングの種類

 
トングにはステンレスやシリコンなどがありますが、個人的には家庭で使う場合には先がシリコン製になっているトングがおすすめです。

 
シリコンは性質上パスタが滑りにくいのでしっかりとパスタを掴めます。

また力を多少入れ過ぎてもシリコンは柔らかいのでパスタが切れにくく、仕上がりがボロボロになってしまうこともありません。

 
また手入れも非常に簡単で、安価なものも多いので、家庭で使う場合はシリコン製のトングで十分でしょう。

 
ただしステンレスも錆びにくいし、全身を簡単に洗えるので丈夫さや衛生面で非常に優秀です。

あと見た目もかっこいいですね。笑

 
好きな方を買えばいいと思いますが、迷っていたり、何を買っていいかわからないならシリコンのトングを買っておけば大丈夫です!

トングを使い方とパスタの上手な盛り付けの3つのコツ


  
トングでフライパンに移したパスタを混ぜ合わせる際に気を付けておかなければいけないことは、力いっぱい混ぜ合わせないという事です。

トングは大きくて頑丈な分、力に任せて混ぜてしまうとパスタが千切れてしまい、短くなってしまいます

食感もぼそぼそになるので混ぜ合わせる時はパスタの表面を優しくなでるようなイメージで混ぜ合わせて極力パスタにストレスが加わらないように混ぜましょう。

 
手早くトングで混ぜ合わせることができればパスタも上手に”乳化”できますよ!

 

 
また、トングを使う事の最大のメリットは盛り付けが美しくなるということです。

 

パスタの盛り付けを美しくするコツは、

①まず多めのパスタをトングで上に持ち上げる。

②皿に移したら、そのまま落とすのではなく、トング立て、パスタを掴んで状態で軽く手首をひねるようにして盛り付ける。

③最後に残った具を上からかけてあげる。

 
この3つのコツをつかめばおいしそうな盛り付けができます。

 

①ポイントはしっかりと多めのパスタを持ちあげることです。

できればパスタは2回でお皿に盛りましょう。

 
1回目で7、2回目で3ぐらいの割合が理想です。

この①がパスタの土台になるので、しっかりと多めに移すのがかなり重要なポイントです。

 
②ではトングを必ず立ててください。

そうすることでお店で出てくるような渦を巻いたような盛り付けが可能になります。

 
③のポイントは最後に残った具を満遍なくかけることです。

そうすることで、パスタが上から装飾されたようになり見た目が美しくなります。

スポンサーリンク

まとめ

 
いかがだったでしょうか?

トングはパスタの調理にも盛り付けにも活躍してくれる優秀なアイテムです。

お箸で作るよりも手早く作れてキレイに盛り付けできて、家族や友人、恋人にも喜んでもらえます。

なかなか面倒で自炊しなきゃいけないのはわかってるけどついついカップ麺を食べがち!

そんな時もトングを使っておいしいパスタが料理のモチベーションも上げてくれますよ!

ぜひ今回の3つのコツを試して、おいしいパスタをたくさん作ってくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です