【2017】紅白の観覧(番協)募集と結果発表はいつ?応募方法と当選倍率も

毎年大好評の紅白一般観覧ですが、今年も一般観覧の募集がすでに始まっています!

100万人以上が応募すると言われている紅白歌合戦の一般観覧ですが、応募方法や倍率が気になりますね!

今回、そんな2017年紅白歌合戦の、

  • 2017年紅白歌合戦の一般観覧の募集はいつから?
  • 会場はどこで日時は?
  • 応募方法や一般観覧の当選倍率はどのくらい?
  • 結果発表はいつになるのか?

このあたりの情報を調べてまとめてみましたので、一般観覧で生で紅白を見てみたい!応募してみたい!という方は参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

2017年紅白歌合戦の一般観覧(番協)募集と結果発表はいつ?応募方法と当選倍率もまとめ!

一般観覧をするにあたって必要な条件や応募方法をまとめました。

また結果発表がいつなのか?会場はどこで日時は?というところ、そして毎年多数の応募がある紅白歌合戦の一般観覧がどのくらいの倍率なのか?そのあたりも調べてみました!

また、入場料などがかかるのか?というところについても調べてみました!

【2017】紅白の一般観覧(番協)募集と結果発表はいつ?当日の会場や日時も

つい先日、10月5日に2017年の紅白歌合戦の一般観覧の募集が始まりました!

まず募集の期限ですが、

10月5日~10月24日(火)までとなっています。

 
注意点は、

  • 必ず往復はがきでの申し込みで
  • 24日必着でそれ以降に届いたはがきは無効
  • 当日、申込者の本人確認あり
  • 必ず本人の名前で申し込むこと

ということですね!

本人確認があるため、親戚のおじちゃんの名前とか使ってたくさん応募しても、自分の名前で当選した入場券がないと、当日入り口で入場制限される可能性があるってことですね…!

せっかく『るんるん』で会場に行っても当日入り口ではじかれるのはかなりつらいので、このあたりは気を付けましょう!
 
 
会場と日時については、

平成29年12月31日(日)
開場:午後5時45分
開演:午後6時45分
終演:午後11時45分

NHKホール(東京都渋谷区神南2-2-1)

引用 https://pid.nhk.or.jp/event/PPG0308121/

という事で、会場は毎年おなじみ、NHKホール!

開園は6時45分からとなっています!
 
ちなみに一枚のはがきではお二人まで入場できます。
 
  
終演は結構遅い時間になるのですが、お正月は地下鉄など遅くまで動いていますし、家が近い人は心配なさそうですね。
 
ただし県外から参加される場合にはホテルの予約など必須ですねー!
  
結果発表は、例年12月の初めの週ぐらいに行われますよ!

12月中ごろまでには必ず通知が来ますので、運が良ければ年越しをるんるんで迎えられますね!笑
  
次に応募方法をもうちょっと具体的に見ていきましょう!

スポンサーリンク

【2017】紅白の一般観覧(番協)の応募方法や条件は?

応募方法は原則はがきでの応募です。

書き方については公式でも発表されているように、この画像の通りに書きましょう!

「往信用裏面」に、ご来場される方の郵便番号・住所・名前・年齢・電話番号をお書きください。
「返信用表面」にも、往信用裏面と同一の郵便番号・住所・名前を明記してお申し込みください。

画像出典・引用 NHK公式サイト

特に難しいぶもなく、画像の通りにかけば良いのですが、必ず往復はがきでの申し込みをしましょう。
 
 
ちなみに応募・当選には、ある条件があります。

それは、

『お申し込みは、現在、受信料をお支払いくださっている方に限ります。』(引用NHK公式)

ということです!

毎月NHKの集金を追い払っている人は参加できないという事ですね!

(まあ当選すれば入場料も無料ですし当然と言えば当然ですねこれは…。笑)
 
  
当日は本人確認があるので、免許証などの本人確認ができるのもが必須です!

当選した場合はお忘れなく!

【2017】紅白の一般観覧(番協)の当選倍率は?当選確率を上げる裏ワザはある?

 
最後に例年の紅白一般観覧の倍率を見ていきましょう!

直近の3年間の倍率を参考にしていきましょう!

【2014年】

応募数:約1,380,000枚
倍率:1032倍

【2015年】

応募数:約1,000,000枚
倍率:755倍

【2016年】

応募数:約990,000枚
倍率:922倍

見てわかる通り、1万枚送られてくるというなんとも人気の抽選です…。

倍率は昨年は900倍以上…。

900人に一人が当選です。

2016年に関しては応募数は減ってるのに倍率は上がってるという事は、観覧席が減っているのかもしれませんね?

相当の幸運の持ち主しか紅白を生で見れないようですね。

毎年応募しても、一生当たらない、見れないって可能性の方が高いそうですね…。笑
 
 
しかし!応募しないと当たらないので、どうしても見たい!という方は毎年頑張って応募すればチャンスあります。

ただし受信料を払っていたらですけどね…!
 
 
ちなみに、当選率を上げる裏ワザは…。

ありません。

なぜならこの抽選は完全にランダムで、番号が割り振られて、その番号を抽選しているからです。

はがきを箱から誰かが出したり、独断で誰かが選ぶなんてことはないそうですよ。

なので、本当に運勝負という事ですね。

ところで、紅白の勝敗って、まいとし、やらせだかなんだか言われてますよね…。(勝ち負けの数に大きな差が出ないとか)

これにはそういったことも書いてあるのでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

紅白一般観覧はかなり倍率が高いですね、びっくりしました。

当選した人は相当の幸運の持ち主ですね!紅白を生で観覧したいなら年の最後に運試ししてみてはいかがでしょうか?

はがきは10月24日必着ですので、必ず早めに応募はがきは送っておきましょう!

(その際は受信料はくれぐれも支払っておきましょう!笑)

もっと詳細はこのページから確認できますよ!

NHK公式

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です