【2017】衆議院選挙の広島の候補者や当落予想は?出口調査と結果速報も!

2017年の衆議院選挙の投票日10月22日と決まり(公示はまだですが)、間近に迫ってまいりましたね。

今回の選挙は北朝鮮問題や消費税増税、オリンピックの準備などを抱えた日本の今後を左右する大きな意味がある選挙ですね。

国民もいつも以上に関心を寄せている今回の選挙ですが、特に広島の全7区での勝敗は党の議席数に大きく影響します。

これまでは6区は亀井静香氏が圧勝しており、また自民にとっては盤石な基盤となっていましたが、政界引退を発表なされた後、結果はどのように変わっていくのでしょうか?

2017年衆議院選挙、広島での全7区の立候補者や当落予想を調べてみました。

※また、当日は出口調査や、結果の速報も行っていくので、いち早く結果が知りたい場合はこちらのページを参照してください。

※ 期日前投票の出口調査の最新情報に更新しました!

※ 20時出口調査更新しました!

→ 【2017】衆議院選挙投票日はいつ?当落・議席予想や出口調査と結果速報も

【関連記事】

→ 【2017】希望の党の最新支持率や候補者名簿は?公約や消費税政策まとめ!

→ 2017年衆議院選挙の期日前投票はいつからいつまで?日程や場所まとめ!

→ 【2017】衆議院選挙投票日はいつ?当落・議席予想や出口調査と結果速報も

【各選挙区ごとの当選者はコチラ!】

【2017】衆議院選挙の東京の候補者や当落予想は?出口調査と結果速報も!

【2017】衆議院選挙の愛知の候補者や当落予想は?出口調査と結果速報も!

【2017】衆議院選挙の大阪の候補者や当落予想は?出口調査と結果速報も!

【2017】衆議院選挙の北海道の候補者や当落予想は?出口調査と結果速報も

スポンサーリンク

【2017】衆議院選挙の広島の候補者や当落予想は?出口調査と結果速報も!広島6区亀井静香の後任は誰になる?

衆議院選挙では毎回話題に上がる広島7区ですが、広島では大阪と違い希望の党と維新の協力体制はしかれないようなので、より激戦になることが予想されます。

広島は自民が強い選挙区ですが、前回と同様にほとんどすべての議席を自民が持って行ってしまうのか?他の議席はどのくらい議席が取れるのか?が注目のポイントとなります。

特に6区の亀井静香氏が出馬していた区での勝敗が今回は気になりますね!

候補者や当選・落選予想、当日は出口調査や、結果予想もまとめていくので見ていきましょう!

【2017】衆議院選挙の広島の候補者名簿(リスト)一覧や当選・落選予想!6区はどうなる?

まずは、広島1~7区の候補者名簿(リスト)一覧を見ていきましょう。

当確者は赤字です。
 
広島県 1区

大西 理(共産)
岸田 文雄(自民)
 
 
広島県 2区
 
灰岡 香奈(維新)
平口 洋(自民)
藤本 聡志(共産)
松本 大輔(希望)
水野 善丈(幸福)

 
広島県 3区

今枝 仁(維新)
河井 克行(自民)
塩村 文夏(無所属)
野村 有信(幸福)
玉田 憲勲(無所属)
西本 昭彦(無所属)

 
広島県 4区

上野 寛治(希望)
恵飛須 圭二(民進)
落合洋司(無所属)
新谷 正義(自民)
空本 誠喜(維新)
中石 仁(共産)

 
広島県 5区

尾崎 光(共産)
寺田 稔(自民)
橋本 琴絵(希望)

 
広島県 6区

小島 敏文(自民) 比例当選
佐藤 公治(希望)
寺田明充(共産)

 
広島県 7区

小林 史明(自民)
佐藤 広典(希望)
重村 幸司(共産)
 

このようになっています。

注目はやはり亀井静香氏が出馬しなくなった6区の行方ですね。2012年、2014年と亀井静香氏に敗れている自民党の小島敏文氏が出馬しています。

小島氏は6区で絶対的に強い亀井静香氏と接戦(といっても1万票差)したこともあり、3位とは大差をつけていました。

ここの情勢は亀井静香氏が出馬を辞めた今、小島敏文さんがかなり有力だと思いますね。

他の選挙区も軒並み自民の勢力が強いです。

1区では岸田氏が2位と圧倒的大差で当選、それ以外の区でも自民が圧勝しています。

今回は5つの区で希望の党の候補者が参戦していますが、自民が圧倒的に強い広島で議席を奪っていくのはかなり難しいのでは?と個人的には思います。

自民の候補者が2位と7万票差つけてる選挙区もあります。このぐらいの差があると同じ候補者が出馬するなら、なかなか覆るという事はなさそうですね。
  

スポンサーリンク


 

また、政治の事、選挙の事がよくわからない!という人に向けて、超わかりやすく政治・選挙をまとめた書籍があります。

政治、選挙、北朝鮮問題、消費税、オリンピック問題などを考える上で下地となる知識を簡単に理解できますよ。

池上さんらしい簡単な説明で書いてあり何歳でも読めますのでかなりおすすめです!

【政治のことよくわからないまま社会人になった人へ第3版 ひとめでわかる図解入り】 池上彰さん著 

(クリックで詳細&値段を確認できます!)

 

最もわかりやすい政治についての初歩的な書籍です!これを期に選挙についてもう少し勉強したい!という方にはおすすめです!

【2017】衆議院選挙の広島の出口調査と結果速報も!

※こちらは当日更新していきます!

ネットで現在出ている『期日前投票』の出口調査の結果は以下の通りです。

NHKの期日前投票出口調査では・・・自民党予想獲得議席が小選挙区212、比例64の総数276

 『朝日新聞』序盤情勢調査・・・自民党286、希望の党56、立憲民主党41、公明党9、共産党15、日本維新の会12

このように、期日前投票の出口調査では、大方事前の予想通りの議席獲得数となっており、自民がやや減少or現状維持で、結果は圧勝という構図がそのまま今回の衆議院選挙の結果となるというのが現実味を帯びてきました。

本日の投票の出口調査は、発表され次第公開です!

20時点の出口調査発表でました!
(NEWS zeroより発表された出口調査)

自民が持っていた284議席

今回2018年衆議院選挙出口調査(獲得議席数予想)

自民 266
希望 55
公明 33
立憲民主 55
共産 12
維新 16
社民 2
こころ 0
他 26

自民と公明が300議席に届く可能性が高く、与党で300議席を獲得すると予想されています。

また、躍進したのは枝野氏率いる立憲民政党。野党第1党となる見通しです。

【各選挙区ごとの当選者はコチラ!】

【2017】衆議院選挙の東京の候補者や当落予想は?出口調査と結果速報も!

【2017】衆議院選挙の愛知の候補者や当落予想は?出口調査と結果速報も!

【2017】衆議院選挙の大阪の候補者や当落予想は?出口調査と結果速報も!

【2017】衆議院選挙の北海道の候補者や当落予想は?出口調査と結果速報も

まとめ

2017年衆議院選挙、広島7区の情勢や立候補者についてみていきました!

亀井静香氏が出馬をやめた今、どうなっていくのか注目が集まっていますが、相変わらず広島では自民の勢力が強そうですね。

今回も自民圧勝かもしれませんが、希望の党の候補者がどれだけ票を集められるか注目して見ていきたいと思います。

また出口調査や、結果速報は当日22日からできる限りリアルタイムでの行っていきますので、いち早く結果を知りたい場合はこちらのページをチェックしてみてくださいね。

【関連記事】

→ 【2017】希望の党の最新支持率や候補者名簿は?公約や消費税政策まとめ!

→ 2017年衆議院選挙の期日前投票はいつからいつまで?日程や場所まとめ!

→ 【2017】衆議院選挙投票日はいつ?当落・議席予想や出口調査と結果速報も

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です