畷優奈(なわてゆうな)の顔画像やFacebookは?Twitterや高校が特定か

 
今日ネットニュースでとんでもない事件を見ました。

神戸市の関西学院大学に通う女子大生、畷優奈-なわてゆうな-(20)が交際していた関西学院大学3年生の男性(21)の頭を”金づち”で殴りつけて、さらに背中を包丁で刺して殺害しようとして、現行犯逮捕された事件です。

概要だけ見てもショッキングな事件ですが、畷優奈さんという人物は一体どんな人柄だったのでしょうか?

顔写真や画像、TwitterやFacebookなどはすでに特定されているのでしょうか?出身高校など経歴などが気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

畷優奈(なわてゆうな)の顔画像やFacebookは?Twitterや高校を特定か

畷優奈という人物は包丁で刺す以外にも、”スタンガン”を使い交際相手を暴行したようです。

どういった経緯でこのような事件が起きたのかわかりませんが、現在ところでわかっている情報をまとめてみました。

またそれらしい画像も出てきたのでリンクを紹介します。

畷優奈(なわてゆうな)の顔写真(画像)が特定された?経歴や、出身高校は奈良高校?

 
事件の概要

逮捕容疑は同日午後0時50分ごろ、女の自宅マンションで、うつぶせで寝ていた男子大学生の後頭部を、長さ35センチの金づちで叩き、背中などを複数回刃渡り20センチの包丁で刺した疑い。
男子大学生は室外に逃げ、病院に搬送されたが、命に別条はないという。

http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500871074/-100 引用

 
想像するだけで恐ろしい事件ですね…。
 
金槌、包丁の他にもスタンガンを所持していたらしく、背中を複数回さしているということから完全に殺意があったように見えます。

これで男性側が無事だったというのはかなりの幸運だったのではないでしょうか…?

    
畷優奈という人物について現在わかっている情報は、

20歳、関西学院大学の2年であるという事の他に、
 
 
出身高校が奈良県屈指の名門高校である、奈良高校に通っていたという情報です。
 
 
通っている関西学院大学も名門と言われていますが、やはり出身高校も賢い高校を出ているようですね。

これほどの高学歴であるこの女性がなぜこんな凶悪な犯罪を起こしてしまったのでしょうか?
 
 
交際相手への暴行ということで、いわゆる”男女間のトラブル”であることは予想できますが、包丁で刺し、スタンガンまでかまされてしまうほど憎まれるようなことを男性側がしたのか?それとも彼女が元から感情のコントロールが効かない人物だったのか?

とても気になりますね…。
 
 
また、大学では”甲山落語研究会”に所属してたようです。

趣味も高尚と言いますか、しぶいですね。

  • 高学歴である
  • 名門奈良高校出身
  • 落語研究会所属

というのがニュースにはなかった情報です。
 
 
現在顔画像やSNSの特定はされているのでしょう?

スポンサーリンク

畷優奈(なわてゆうな)の顔画像とFacebookやTwitterなどのSNSは特定された?

 
現在のところ顔画像は特定されていないようですね。

Facebookに関しても存在を確認できないです。おそらくもとからプライバシー設定で鍵をかけているのか、元からやっていないかというところでしょう。
 
 
しかし、他のブログをみていると、Twitterが特定されているという情報もありました。
 
 
しかし筆者が現在アカウントを検索して、Twitterを確認してみても、アカウントはありませんでした。

鍵アカにしたか、もしくはなんらかの理由で誰かが削除したということも考えられます。
 
 
しかし、こちらのURLで特定されているようですが、これは本当なのでしょうか?

(画像は貼りませんがリンクが生きていれば見れるはずです。)

特定された画像?

 
真相はわかりませんが、今時の大学生ならばSNSで自身の情報をそこら中に張り付けていますから、特定はすぐにされてしまいそうですね…。

まとめ

畷優奈容疑者についてまとめました。

名門高校出身、落語同好会、SNSはTwitterが特定済みで写真もそれらしいのが見つかっているということです。

包丁やスタンガンでの暴行を、女性が男性を行うという点で驚きました。今思えば、スタンガンを所持しているのはまずおかしいですね…。

用意周到感があるいいますか、計画的な犯行のように思えます。

スタンガン当てられたら立つこともできなくなりますから。そうなったらいくら男性でも抵抗できずに包丁で刺されるということは十分あり得ますので。

かなりの凶悪事件ですが、被害者の男性が無事であることを願います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です