長谷部が暴露の人間的におかしなやつは誰?南アW杯メンバーから予想

 
サッカー日本代表の長谷部誠選手が、1日に放送した番組”サワコの朝”に出演し、現在のW杯アジア最終予選のメンバーについて『とにかく人間的にいいやつがそろっている』『人間的に、あまりおかしなやつがいない』と分析しました。

この発言を受けて、MCの阿川佐和子さんはに『過去に、おかしなやつがいた?』と質問し、長谷部選手は苦笑いしながら『なかなか、それ言ったら大問題ですよね。ハハ』と流しました。

おそらく昔の代表と比較して今回の『今の選手はおかしなやつがいない』と現在の代表を評価しているように見えますが、長谷部選手が示唆した”おかしな選手”とは誰なのでしょうか?

ネット上の予想コメントなどを元にまとめていきます。

長谷部誠が暴露した『人間的におかしなやつ』は誰?南アW杯などのメンバーから予想

どうやらその後に続いた番組の対談では、その”おかしな選手”が”先輩”であることが判明しました。

追及されると、当然長谷部選手も『言えないなー』と言っていましたが、代表歴などを見ればだいたいの予想が立てられそうです。

長谷部誠が暴露した『人間的におかしな先輩』選手は誰か予想!

 
まず今回”人間的におかしなやつは誰だ?”と騒がれる発端となったのはこちらの番組です。

 

冒頭部分しか見つかりませんでしたが、どうやら阿川さんに突っ込まれた後も、この話題は続いたようですね。
 
 
阿川さんが誰なのか?知りたそうにしていると、長谷部選手は、

「いや~。でも、あの、どうだろ?いや、先輩だから、言えないな」

と発言。
 
 
どうやら”人間的におかしなやつ”は先輩のようです。
 
 
そこで、長谷部選手が代表時代にともに戦った先輩選手たちの中で、誰がもっともこの”おかしなやつ”と言われているのか?予想コメントを拾ってみました。
  
 

スポンサーリンク

 

長谷部誠が暴露の”人間的におかしなやつ(先輩選手)”は誰?

 
長谷部選手は代表歴も長く、若いころから代表に選ばれていたため、先輩選手はごまんといます。

なので誰がそのおかしな先輩選手なのか?すべてをリストアップことはできませんが、長谷部選手がキャプテンを務めた、南アW杯や、その時期(2010年前後)の代表で長谷部選手の先輩であった選手をピックアップしてみました。

  
南アW杯で、長谷部選手の先輩であった選手はこちらです。(苗字のみ)
 
 

  • 松井
  • 矢野
  • 中村(俊)
  • 中澤
  • 闘莉王
  • 大久保
  • 阿部
  • 川口
  • 楢崎
  • 駒野
  • 遠藤

彼らが先輩選手になりますが、この中でもっともダントツで噂されているのが、中村俊輔選手です。

理由は、”監督とうまくいかない””態度が傲慢””試合に出れないとふてくされる”など、そういったうわさがよくあがるためだと思われます。

確かに日韓W杯の時はトルシエ監督とうまくいかなかったり、南アW杯の時は直前にレギュラーから外されてふてくされていたという情報も、当時はありましたね。
 
  
   
しかし、中村選手は度々こういった話題に上がってくる選手ですが、”人間的におかしい”かはわかりませんね。

日本のサッカー選手としては、歴代の中でも間違いなく名実トップクラスですし、今でも活躍してる&色んなJクラブから引っ張りだこでした。

特にマリノス時代の若手には中村選手を慕う選手も多くいます。
 
 
”我が強い””わがまま”という要素もサッカー選手には必要な部分だと思いますし、長谷部選手がそこまで言うかは謎ですね…。
 
 
   
次に多かったのが”大久保選手”です。

大久保選手は”闘志溢れるプレー”で有名ですが、試合中は切れやすく暴言などを相手に浴びせることもあります…。

こういったところは人間性を疑われる原因にじゅうぶんなりそうです。

 
ただ大久保選手もチームメイトから尊敬されている存在ですし、功績も輝かしいものがあります。

サッカーというチームスポーツでは、仲間からの信頼がなければ自分自身も良い成績を出すことができないということを考えた時に、大久保選手が”人間的におかしい”と言われるまでの人なのか?と考えると少し疑問も残りますね…。
 
 
 
その次に多かったのが、田中マルクス闘莉王選手や松井大輔選手でした。
 
 
この中の誰かが長谷部選手から”おかしいやつ”認定された選手という可能性はありそうですね。

一体誰なのでしょうか?

 
  
またもう少しさかのぼり2006年ごろには、

中村、中田、稲本、宮本、小笠原、玉田、巻、中澤、加地、三都主、川口、高原、大黒、柳沢、坪井、闘莉王、田中達也

 
が先輩選手として代表に選ばれていましたが、

中田選手、玉田選手など、”個性的”で”我が強い”選手がやはり多く予想されているようですね。
 
 
どの選手もプレーの質は素晴らしいのですが、プレー以外のピッチの外の部分であの長谷部選手から”それはどうなの?”と思われてしまう人間性を持った人がいたというのは意外ですね…。

 

長谷部誠のおすすめの書籍はこちら!

(クリックで値段や詳細が見れます。)

 

まとめ

今回リストアップした選手はあくまで予想であるため、確定情報ではないのです。

しかし多くの人が予想する選手には”予想されるだけのなんらかの理由”があるということは確かですね。

昔は本当に個性的な選手が多かった分、人間関係でぎくしゃくしていたところもあるかもしれません。

ただサッカーでは闘志や我の強さは大事なので、そういった部分で嫌われていたとしても、試合で活躍して点さえとれればそれでいい気もします…。

仲良くやるのもいいですが、昔のようなチーム内での激しい争いも必要かもしれませんね。(ぎすぎすしたのは嫌ですが。笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です