【石川県知事】谷本正憲の評判や経歴は?記者会見中に倒れた動画も調査

 
石川県知事の谷本正憲(たにもとまさのり)さんが、「北陸電力志賀原発を狙う暴挙をするなら、兵糧攻めで北朝鮮国民を餓死させなければならない」という発言をして炎上気味になりましたね。

この過激発言で一躍有名になった谷本石川県知事ですが、なぜこんな発言をしたのか?調べてみました。

また、評判やこれまでの経歴、さらには以前記者会見中に倒れたという事でその理由なども気になりますね。

このあたりを調査してまとめてみましたので見ていきましょう。

石川県知事、谷本正憲の評判や経歴は?記者会見中に倒れた動画はある?

谷本正憲さんはなぜ”兵糧攻め”発言をしてしまったのでしょうか?その経緯や意図について調べてみました。

また谷本知事の評判や経歴はどのようなものなのでしょうか?このあたりを見ていきましょう。

谷本正憲の兵糧攻め発言の経緯や意図は?

 

金沢市内で行われた県内町長らとの会合で、北朝鮮による弾道ミサイル発射に関し「(県内の)北陸電力志賀原発を狙う暴挙をするなら、兵糧攻めにして北朝鮮の国民を餓死させなければならない」と発言した。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017062101167&g=prk 引用

 
どうやら県内町長との会合での、北のミサイルに対する意見だったようですね。
  
  
 
おそらく谷本知事は日頃から北朝鮮の挑発行為(ミサイル発射など)に対してひどく遺憾に思っているのでしょう。
 
 
確かに原発が県内にある地域の住民にとっては、ミサイルの脅威を格段に感じると思います。

谷本さんは県知事という立場である以上、そういった行為に対して対抗姿勢を示そうとしたのではないでしょうか?

 
ただ攻撃の対象が”北朝鮮の国民”としたところで、炎上してしまいました。
 
 
”北のお偉いさん”に対して”許せない!!”と県知事の立場で直接的に言及するのは結構怖いかもしれませんが、「国民を餓死させる」という発言には”それは違うんじゃないか?”という”日本の国民”から疑問の声があがってしまいました。
 


  
  
谷本さんは今回の発言は”人民の命を尊重するべきだった。””撤回する”と後で訂正しています。

しかしそれに加えて、”北朝鮮の国民に影響が及ぶ可能性があるが、内部から体制が崩壊していくような状況を作る必要がある。”と再度自分の意見を発言しています。

 
言い方は変えたものの、対抗姿勢は崩していない印象です。
 
 

スポンサーリンク

谷本正憲の経歴や評判は?記者会見中に倒れた動画はある?

 
谷本正憲

生年月日:1945年4月16日(現在72歳)
出生地:日本の旗 兵庫県西脇市
出身校:京都大学法学部
前職:国家公務員(自治省)石川県副知事
所属政党:無所属
称号 法学士

現在は、上述したように石川県の知事をしています。

  
  
どうやら以前は副知事をしていたのですが、人気の途中で前知事の中西陽一さんが亡くなったため、その後の選挙で当選したようです。

6期連続で知事を務めているという事で、地元民からの評判はとても良いというのはよくわかります。
  

しかし、今回の過激発言により、今後の選挙に少なからず影響があるのではないでしょうか?
  
 
ニュース記事などでは多くのコメントで叩かれていましたが、Twitter上では意外と賛成する声も結構ありました。

 
賛否両論という感じです。

 


 


 


 


  
 
 
また、2014年には”会見中に倒れた”ことがあるようです。

その時の動画は探してみたところ残っていないようですが、理由などははっきりと明かされていないようですね。
 
  
まあ年齢も60代、70代でハードな知事という仕事をしていることもあり、体に負担がかかり過ぎてしまったのかもしれませんね。

まとめ

石川県知事の谷本正憲さんの失言についてまとめていきました。

谷本正憲さん自身は地元や国を守るためには闘わなければいけないというような思いで発言したのかもしれませんが、”国民を餓死させる”発言は少し過激すぎたようですね。

6選しているという素晴らしい経歴の持ち主という事で、地元民からの支持は厚そうそうですが、今回の発言が今後の選挙に影響するかもしれません。

まだまだニュースで取り上げられて波紋を呼びそうな話題ですね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です