keikoの現在【2017】の状況や顔画像は?病状や鼻が変わった原因も

 
今日ネットニュースで、小室哲哉さんが妻のkeikoさんと子供との3ショット写真が紹介されていました。

KEIKOさんは2011年にくも膜下出血で倒れ、手術を受けていますが、昨年に小室さんが”徹子の部屋”で、KEIKOさんの現状について語りました。
 

”昔のことは覚えているが、5分から1時間程度の少し前の出来事については忘れていることが多い”

という状態のkeikoさんですが、現在の病状はどのようなものなのでしょうか?また、鼻が変わったという噂もあり、常にマスクをしていますが、顔写真などはあるのでしょうか?

そのあたりについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

2017年keikoの現在状況や顔画像は?病状や鼻が変わった原因も

くも膜下出血で倒れて以来、6年近くが立っていますが、keikoさんの現在(2017年)の病状はどうなっているのでしょうか?

また、鼻が変わった原因や、顔画像などについても調べてみました。

2017年keikoの現在の病状は?

 
keikoさんは2011年10月にくも膜下出血のため”自宅で”倒れました。

その後搬送病院にされて、長時間の緊急手術を受けることになりました。

結果的に一命をとりとめたものの言葉がうまく出てこない”言語障害”や直前のこともすぐ忘れてしまうほどの”記憶障害”の後遺症を患いました。
 
 
しかし、現在は回復傾向に向かっているようですね。

今回の写真を見てもわかるように子供と小室さんともいっしょに一出歩けるようになったようです。


 
 
keikoさんはTwitterもやっており、写真を度々上げているようですが、顔色も悪くなく、復調しているのではないか?ということが考えられますね。

くも膜下出血による記憶障害や言語障害が今後回復していくのかはわかりませんが、不自由なく生活できる程度には回復してほしいものですね…。

 
小室さんも今回、”keikoの脳のトレーニングにもなる”と言っており、子供と3人での外を歩くことで現状の改善を図っているようですね。

スポンサーリンク

keikoさんの現在の顔画像や鼻が変形の理由は?

  
以前からkeikoさんの”鼻”が異常に変形しているという噂がありましたが、この理由や原因はなんなのでしょうか?

たしかに画像で見るに花の形がかなり変わっています。
 

倒れた際に手術で変わったのか?と思いましたが、どうやら鼻の形が変わったのは6年以上も前で、くも膜下出血で倒れる前だったようです。

これは整形の失敗か?という説もありますが、今のところ謎に包まれていますね。
 
 
また現在はどうなっているのか?というと…

常に鼻を隠すような状態でマスクを常備しています…。

これもまた鼻のことと関係があるのか?気になってしまいます。

 
鼻の謎、そして物理的にも隠している顔部分が気になってしまうのは、袋とじの中身や○○で伏せられている言葉がなにかとか気になってしまう人間の性をくすぐりますね…!笑

 
最後にkeikoさんのTwitterから写真をいくつかまとめておきます。

寝る時には毎日おやすみなさいとつぶやいているようです。

 

写真は2016年のものが最後になっていますが、ここでもやはり顔は隠れていますね。

小室さんと映っていますが誕生日の時でしょうか?
 

まとめ

keikoさんの最新2017年の現状をまとめていきました。

Twitterなどを見てみても、文字が打てたり、変な日本語を使っていなかったりと、見える部分では違和感をあまり感じませんでしたが、実際の生活では記憶や言語の面で多大な苦労をしているかもしれません。

回復に向かっているというのもあくまで噂ですので、本当の事はわかりませんが、お子さんの写真などを見ているとどうか回復に向かっていてほしいという気持ちが沸いてきます…。
 
 
鼻の謎については解明できませんでしたが、マスクで隠しているのとなにか関係があるかもしれませんね。

ともあれ、keikoさんが順調に回復していくことを願いたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です