グルメンピック詐欺の犯人の名前を特定!逮捕の大東物産前代表は誰?

  
先ほどネットニュースでグルメンピック2017というグルメ系のイベントを開催していた大東物産の前代表ら4人が、
 

参加飲食店から出店料だけ徴収して、イベントを開催せず、そのまま1億円以上をだまし取ったというニュースを見ました。

 
某ネットニュースではこのグルメンピックというイベントで出店料(1店から約20万円)を詐欺をした犯人の名前が載っていなかったので調べてみました。
 

  • 犯人の大東物産前代表4人の名前
  • 大東物産の社長の名前

など調べてみたので、見ていきましょう。
 
 
またこのグルメンピック2017に出店を依頼された人が、どうやら事前に”怪しい”と感じ、知恵袋で相談していたという情報も発見しました!

そちらも合わせて見ていきましょう。
 

スポンサーリンク

グルメンピック詐欺の犯人の名前は?大東物産前代表は誰?

 
 
グルメンピック2017を開催すると謳いながらも、出店料だけもらってとんずらしたこの詐欺事件ですが、実は開催前から様々点で”怪しい”と思われていた企画のようです。
 

ネット上にはグルメンピックへの懐疑や出店に迷っているという声が結構ありました。

募集の時点から怪しいと思われていたようですね。
 
犯人や社長の名前に加えて、募集時に出店者たちから疑われていた怪しい点などについても見ていきましょう。

グルメンピック詐欺犯人の大東物産前代表や社長は誰?

 
今回某大手ネットニュースでは名前が公表していませんでしたが、他のサイトではしっかりと名前が載っていました。

 
 
まず社長の名前は、

中井冬樹社長という方だそうです。
 
 
また、実行犯4人のうち2人は名前が判明しています。

田辺智晃容疑者(42)と矢野千城容疑者(41)
 
 
で、いずれも大阪の女性飲食店経営などに、グルメイベントを開催するという嘘をついて、お金をだまし取った疑いで逮捕されました。
 
 
 
社長の年齢などは書いていませんでしたが、顔を見る限り40代前半ぐらいの割と若めの人物です。
 
(社長の日テレNEWS24でのコメントはこちら。
 
 
 
社長に関しては直接お金をだまし取った経緯などはないように見えます。
 
しかし日本テレビの取材で、

”オーナーから参加者の申込書、お客様からもらったメニューの紙などの資料を処分しろと言われ、シュレッダーにかけた。”

ということをいっており、全力で証拠隠滅に加担しているようですね。

 
 
お金の流れがわかる、領収書などもすべて処分された可能性があり、出店者から集めたお金が
どこに流れたのか不透明にする狙いがあったのではないか?と疑われています。

ここまであからさまな証拠の隠滅をされては、被害者や世間からの、本人や会社への信頼はほぼなくなったようなものですね…。

 

スポンサーリンク

グルメンピックの怪しい点まとめ!知恵袋でも相談が…?

 
どうやらこのグルメンピック2017は開催前から出店者たちの間で、”怪しい”と思われていたようです。
 
 
被害者の情報によると、

  • 会社ホームページに”資本金1億”円と書かれている。しかし沿革や従業員数などの重要な情報の記載が皆無。
  • 本社は東京都中野区。しかし事務所は沖縄でその事務所もどうやら2017年1月16日に解約済み。
  • 10万人の集客を見込んでいる。しかしSNSなどでの告知がほぼ0。今の時代、普通はなんらかの告知を大々的にするはず。
  • 2月開催、170店舗が出店。しかし機材のレンタル会社直前まで決まっていない。

このような不審な点がおおくあったようです。

  

また、グルメンピックへの不信から、出店を迷っているという相談、そして実際に返金がされずに事務所まで行った人の話が知恵袋でもありました。
 
 
そちらがこれです↓

グルメンピック2017に出店のを決めたのですが、開催が延期になりました。 これは詐欺ですか?

 
この質問の回答では、

出店者が大東物産に対して返金を求めた際に、

  • キャンセルが相次ぎ、振込にて返金させて頂きます。→返金を延期される
  • 即時返金してもらうために電話したがつならない。
  • 所在地が東中野だったので先程行ってきた。→「不在」
  • このまま計画倒産して返金しない可能性あり

ということでした。
 
 
”最初から開催の気がない”ということが準備の段階でも疑われて、さらにキャンセルを申し込んでも返金がされない。

ということが伝面的に知れ渡り、キャンセルが相次ぐ形になったようですね。
 
  
不振な点が重なり、被害者の会も立ち上がりました。

 
現在は債権者集会などで社長への説明をもとめています。

 
1億2千万円がどこに消えたのかわからず、返金はわずか500万円ほどという情報もありました。
 
”どう考えてもだますつもりがあったのではないか?”とコメントする出店予定者もいるように、詐欺なのか?本当のところはどうなのか?真実の説明をもとめている段階ですね。

 
またラインやメールなども完全に削除しているようで、お金の流れがまったく見えていないのもおかしな話ですね…。

 

まとめ

グルメンピック詐欺の概要や現在の状況、事前段階で怪しいと言われていた点、また実行犯や社長の名前をまとめていきました。

今回の事件では明らかに詐欺だと思えてしまう点がありすぎて、出店者が気の毒でしかたありません。

被害者の会のメンバーも相当な数に上ると思いますので、真相の解明が早期になされることを願うばかりです。

薄利が基本な飲食店にとって20万円と言う出費は本当に痛いと思いますので、しっかりとキャンセル料がすべての経営者に払われて欲しいですね。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です