ペクドンギュの顔画像や処分内容は?浦和と済州乱闘動画の海外の反応

 
5月31日にさいたまスタジアムで行われたAFCチャンピオンズリーグで、試合終了間際から終了後にかけて乱闘騒動が起こりました。

ことの発端は済州の韓国人選手ぺクドンギュ選手が、ベンチにいたにもかかわらず試合中に80メートルもの距離を芝を横切りながら走ってきて、浦和の阿部選手にジャンピングエルボーを食らわせたことから始まりました。

決して彼を擁護すべきでない今回の件ですが、ペクドンギュという選手はどんな選手なのでしょうか?

画像や経歴を調べてみました。

また、彼の今後下される処分内容や、今回の乱闘騒ぎ動画映像を見た海外の新聞社の反応などもまとめてみました。
 

 
関連記事:

浦和レッズと韓国チームは過去にも揉めていた?ACLの騒動振り返り

↑去年のテーピング事件の振り返りです。
 
 
浦和レッズのACL今後の日程はこちら

↑なんとACL次戦はJのあのチームとの対戦が決まりました。
 

スポンサーリンク

ペクドンギュの画像や処分内容は?浦和と済州の乱闘動画の海外の反応まとめ

まず、今回乱暴な行為を阿部選手に対してはたらいた、ペク選手がどういう選手なのか?見ていきましょう。

その後今回の騒動に対する海外の反応もまとめていきます。

ペクドンギュの画像や経歴は?

 
Twitterでの画像を検索したら、試合中(レッドをもらった後)のペク選手の画像を発見しました。

見た目からしてまだ若そうですが、経歴はどうなっているのでしょうか?

 
 
どうやら、ペク選手は、

生年月日は1991年5月30日生まれの26歳だそうです。

ということは前日に26歳になったばかり…

そんなめでたい日の次の日にエルボーで退場とは、やらかした感がありますね…。笑
 
 

韓国生まれ、身長186cmということで、アジア人の中でも大きい分類に入ります。

 
これは例の場面の映像ですが、大柄なペク選手に首辺りにジャンピングエルボーを受けていますので、阿部選手は一歩間違えれば選手生命が危なかった可能性すらありますね。


 
スポーツ選手が取るべき行動でないのは誰の目から見ても明白です。

 
今後の処分については、おそらく両チームがそれぞれの主張をアジアサッカー協会へ通し、その後検証と処分内容の決定が下されると思います。

 
ただしアジアチャンピオンズリーグでの処分内容というのは歴代の騒動を確認してもそれほど重いものは無く、今回の件もあまり釈然としない処分内容でうやむやな感じで終わることもあるかもしれませんね。

  
試合自体が、ドラマティックだっただけにこの終わり方は非常に残念でしたね…。

  
この前軽い騒動を起こした森脇選手が決勝ゴールを決めて、試合後泣き崩れたりしていた時に、乱闘おこってましたしね…。笑
 
  

※追記
 
 
どうやら6月9日、処分内容が決定したようです。

 AFCは、2枚のイエローカードで退場となったチョ・ヨンヒョンに6ヶ月の出場停止と2万ドル(約220万円)の罰金処分を科した。ペク・ドンギュには3ヶ月の出場停止と1万5000ドル(約165万円)の罰金、クォン・ハンジンには2試合の出場停止と1000ドル(約11万円)の罰金処分が言い渡されている。

 また、済州に対して4万ドル(約440万円)の罰金処分が下されたほか、乱闘騒ぎに加わったとして浦和にも2万ドル(約220万円)の罰金処分が下されている。

 韓国メディアによると、済州は処分を不服として異議申し立てに動いている模様だ。

ヤフーニュースより引用https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170609-00214209-footballc-socc

 

スポンサーリンク

 

浦和と済州の乱闘動画を見た海外メディアの反応まとめ

 
某ネットニュースでは、日本、韓国の監督や選手のコメントのみならず、イギリスやイタリアのメディア反応も取り上げられていました。

ただどの意見にも共通することは、”ペグ選手への非難”です。

 
唯一韓国だけはペク選手を擁護するだろうと思われましたが、意外にも今回の件では、韓国の方ですらペグ選手の行為を”愚かな行為”と捉えているようです。
 
レッドカードをもらっているにも関わらずピッチに戻ってきたり、退場しなかったりとやりたい放題でしたからね。
 
  

しかし、浦和レッズの監督、ペドロビッチ監督は、

”試合中に選手が熱くなるのはわかる”
”しこりが残るのは嫌だ”
”関係修復のために済州とは今後フレンドマッチができたらいい”

と言った感じ、アウェーで気持ちよく戦えた経験から、”感謝”しており、今回どちらかと言えば被害を受けた側にもかかわらず”関係の修復”を望んでいました。

 
さすが監督。これこそスポーツマンの鏡だと、筆者も感心しました。

 
一方で済州側の監督は、

”日本の挑発があった”
”浦和の行為は勝者のマナーとしてどうなのか”

と、あまり反省の色が感じられない様子・・・。

 
槙野選手がスタンドのサポーターへガッツポーズを見せた行為を、

”済州ベンチへの挑発行為”と捉えているようです。
 
  
  
しかし、イタリアのメディアでは、
 

  • 浦和の柏木はショックを受けている韓国人選手の元へ歩み寄った。
  • 決勝ゴールの森脇は涙を流し、選手たちが輪になった。
  • ホームチームの喜びが刺激になったとしても、このような暴力が理解されるものではない。
  • 我々は、アジアサッカー連盟(AFC)が正しい対処をすることを願う。
  • あまりにもアンチ・スポーツ的な韓国チームの振る舞いだ。それが、敗戦した後だとしてもだ」            (ヤフーニュース引用)

 
というような趣旨の記事がでており、浦和レッズへの称賛と、適切な処罰を望むという声があがりました。

 
また、英メディアは、

  • 浦和レッズは極上の逆転劇で済州ユナイテッドを犠牲にしてAFCチャンピオンズリーグ準々決勝に進出した
  • ビジターのチームは残り時間で正気を失った。ペク・ドンギュとクォン・ハンジンが暴力行為でともに退場となった

 
と記事を書いています。

”正気を失った”という表現から、今回のペク選手の行為や試合後の騒動がまともな行為でないことを如実に表現しています。

  
フランスメディアでは、

韓国人選手たちのあからさまな状況は特筆する必要がある。すでに醜悪な雰囲気だった済州は2枚のレッドカードを受けた。言い訳の余地もない無様なものだった
(ヤフーニュースより https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170603-00010016-soccermzw-socc)

と、全面的に済州の非を指摘しました。
 
 
 
またスイスメディアでは、

済州ユナイテッドのプロ選手たちは、自分たちが“バッドルーザー”であることを証明した。ファーストレグでの2-0勝利のリードを守りきることに失敗した、自分たちを責めるべきだ
(ヤフーニュースより https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170603-00010008-soccermzw-socc)

といったように、済州をバッドルーザーと表現しました。

 
さらには”祝福する相手のハンティングを始めた”とも書いており、サッカーではなくもはやハンティングだと阿部選手への攻撃やその後の槙野選手への恐怖の鬼ごっこについてそう表現しました。
 
 
 
今回の件で済州の行為やペグ選手への行為を擁護する者はほとんどおらず、世界的にみてもこのペク選手のジャンピングエルボーという行為がおかしいものだったことは、サッカーファンの間では共通の認識である。という印象を受けました。
 
 
まあ、当然暴力はいかなる理由があっても許されることはないと思いますが…。

そういった意味で、適切な処分内容が、処罰がきちんと下されることを願います。
 
 

まとめ

 
いかがだったでしょうか?

ペクドンギュ選手の顔画像や経歴などをみてきましたが、誕生日の直後にこんな騒動を起こす火付け役になってしまったことは彼にとって不幸であり自業自得でもありますね…。

処分はこれから検証の後に下されると思いますが、今後の大会運営にも関わってくるところだと思うのでしっかりと検証して欲しいですね。

もしこれが”許される”なら来年以降にも影響しそうです。だってアジアチャンピオンズリーグはベンチから相手選手にエルボーしていいよってことになりますからね。

今後のサッカー界のためにも、しっかりと処分していただきたいですね。

 
関連記事:

浦和レッズと韓国チームは過去にも揉めていた?ACLの騒動振り返り

↑去年のテーピング事件の振り返りです。
 
  
浦和レッズのACL今後の日程はこちら

↑なんとACL次戦はJのあのチームとの対戦が決まりました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 浦和 太郎 より:

    俺がその場にいなくて良かったわ❗
    俺が居たら、ピッチに降りて、エルボーをかました奴を凹してたかも

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です