千葉県松戸市の通り魔情報まとめ!名前や犯人像や現在の状況は?

 
今日5月21日、千葉県松戸市常盤平の公園で「通り魔があった」と110番通報があったようです。

筆者がTwitterなどからリアルタイムの情報を集めてみたところ、どうやら犯人は”老人”に目をつけて狙っているようです。

負傷者はすでに6人にも昇っていて、かなり大きな被害がでています。

※名前が判明したようです。

柴田法雄容疑者(34)

 
 
 


 
  
現在の周辺状況や、犯人像は一体どうなっているのでしょうか?

調べてまとめていきます。
 

スポンサーリンク

 

千葉県松戸市の通り魔の名前や犯人像や状況は?

 
 

どうやら現在犯人は確保されたようです!

 
なのでこれ以上被害が拡大することはないので、ひとまず安心ですね…。
 
  
また、死人は出ていないようですね。

 
傷は包丁で切り付けられたというものばかりですが、致命傷を受けた人は少なかったようです。ですが、6人のうち2人は重症ということです。

 
犯人は男で、包丁の他にバットも持っていたようなので、これはもうやる気も準備もしっかりとしておりました。

 
今回の通り魔は老人を狙ったという事で、力が弱く逃げることも難しい人たちを重点的に狙うという極悪非道な人物です。これは許されるものじゃありません。

きっちりとした判決がこれからの裁判で下されて欲しいですね。
 
  
名前に関してはこれから報道されるでしょうから、それを待つ形になりそうです。

まだネット上にも情報がなく、見つけ次第ここでも取り上げていこうと思います。

※名前は判明し、近くに住む、柴田法雄容疑者(34)だそうです。

 
 

スポンサーリンク

 

まとめ

現在、犯人は確保されたという事で、とりあえずはほっとしましたね。

しかし温かくなってくるとこういう人たちが良く出没するので、本当にどこにいても細心の注意をする必要があります。

最近は老人狙いの犯行が多く、本当に許せないですが、ご老人の一人での散歩の少し気を付けたいところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です