田端信太郎のwiki風プロフィールまとめ!学歴や経歴と家族はいる?

 
LINE上級執行役員の田端信太郎さんがTwitter上で”憲法はただの紙の上に書かれた文章””お金を稼ぎたいなら生命保険に入り、水の入った洗面器に顔をつければいい”というようなツイートをしたことで軽く炎上しているようです。

 
事情を知ったLINEの上層部からすぐさま「田端氏が法律を軽視するような発言を行ったことは大変軽率な行為」と厳重注意を受けたようですが、田端信太郎さんって一体どんな人なのでしょうか?

経歴や学歴はどんな感じなのでしょうか?家族は要るのでしょうか?

今回wiki風プロフィールにしてまとめてみました。

スポンサーリンク

田端信太郎さんのプロフィール。学歴や経歴は?

 
今回田端さんの経歴やプロフィールをまとめてみました。それによって彼の人柄や、今回Twitterで炎上したような過激発言のルーツなどがわかるかもしれません。

出身大学や今までしてきたビジネスなどを中心に取り上げていきます。

田端信太郎の学歴や経歴は?

まずざっと経歴を見ていきましょう。
   
  

・田端慎太郎
・1975年生まれ。
・慶應義塾大学経済学部卒業。
・株式会社NTTデータを経て、株式会社リクルートへ。
・ネットベンチャー企業への投資活動、ネット戦略を担当。
・2003年に『R25』の源流となるプロジェクトを立ち上げ、『R25』創刊後は広告営業の責任者を務める。
・2005年4月ライブドア入社。
・livedoorニュースなどのサービス統括を経て、2008年4月から、livedoor ポータル、ブログなど事業全体の責任者であるメディア事業部長に就任。
・現在はLINEの法人ビジネス担当上級執行役員。

 
慶應大学時代を卒業しているということで、学歴はかなり立派です。
 
 


 
 
経験してきた会社もNTTやリクルート、ライブドアなどかなり大手ばかりです。このあたりの経歴だけ見ても、ビジネスの手腕というのはすごいものを持っているんだという事がわかりますね。

 
年齢も42歳とまだまだお若いのにこれほど多くの素晴らしい会社でビジネスの経験を積んでおり、ビジネスマンとしてはとても優秀であるのは間違いなさそうです・・・。

 
家族については情報がつかめませんでしたが、40過ぎているということで、奥さんや子供の1人や2人はいてもおかしくないですねー。
 
  
 
では、今回なぜこのような発言をしてしまったのでしょうか?

原因や内容を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク


 
 

なぜ炎上してしまったのか?その内容は?

 
今回の炎上を引き起こした発言を見ていきましょう。

 
発言には”憲法”に関するものや、お金に関する極論が日頃から多いようです。

  

田端氏は13日、Twitterで、お金の稼ぎ方を問われ「まず生命保険に入りましょう。そして洗面器を用意し水を張ります。水に顔をつけて10分もすれば!凄い時給でお金が貰えます!!」と投稿。

14日には、「憲法では全ての個人に生存権が保証されている」との意見に反論する形で、「憲法って、ただの紙の上に書かれた文章ですよね。。。実際に餓死しそうな人がいるときに、「憲法」がアンパンを恵んでくれたりするのですか? 誰か、生身の人間が、お金を出してアンパン買うところから始まりますよね?」などとツイートした。

 
 
とTwitter上で発言したことで炎上しました。

 
 
この発言に対して、
 
 
コンプライアンスをしっかりと厳守すべき会社の役員クラスの人物が、このように法律を軽視していいのか?”
”役員として適切な発言なのか?”
  
 
という趣旨の意見が多数よせられました。
 
  
 
しかし本人はその後、

”炎上マーケティングフォロワー増やしている”

と言い切り、どうやら今回のような過激発言は”あえて”しているようすです。

 
 
今回件で知名度が上がったかもしれませんが、田端さん自身とても賢い人なので、こういう手法で有名になる場合は代償としてその後に悪いイメージがついて回るということを考えられないほどあたまが回らない人ではないと思います。

 
なので、真意なのか、炎上狙いなのか、よくわかりませんでしたが、彼のイメージが良くなった人よりも悪くなった人の方が多いように思えます。
 
ただ”有名になる”ということだけを目的としている場合は、彼の炎上商法は成功したように思えますね。

 
 
過去には「経済成長の恩恵はグローバルに行き渡り、新興国含めていうと、むしろ絶対的貧困は減っています。「私は日本人である」というだけで新興国の、相対的に優秀で生産性が高い層よりも、自分はいい生活が送れてしかるべきだ!という根拠って何?人種差別?」というツイートもしており、

個人的には”確かに”と同意できるようなものもありました。

 
今回の件では”言わなくてもいいことツイートしちゃったな”感が否めませんが、やっぱり賢い人である証拠に普通の人とは違った視点で物事を見れる人のようですね。
 
なのでその分反響も大きいです。
 
 
 
またTwitterのプロフィールには、

”戦略論から下ネタまで。LINE株式会社 上級執行役員 法人ビジネス担当。このつぶやきは言語認識アルゴリズムの実験中につき真に受けないでください。 ”

 
と書いてありました。

 
これが過激発言をしたときの保険としてなのか、本当に言語認識アルゴリズムの実験なのかはわかりませんが、どっちみちこの人の発言にああだこうだ突っ込むのはやぼかもしれませんね。
 

まとめ

今回、田端信太郎さんの経歴や学歴をまとめてみました。
 
経歴を見ればとても仕事ができる人だという事もわかりましたし、現在の活動などを見てみてもわかります。

 
今回は炎上してしまいましたが、本人も”気にするな”と言っている以上は気にしないでおけばいいのですが、彼ぐらい影響力がある人の発信は世間を騒がせることもまた事実です。
 
あえてツイートしなくてもいいのでは?と思ってしまいますねー。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です